自然に囲まれた秘湯「夢幻の里・春夏秋冬」で贅沢な温泉時間

今日ご紹介する「夢幻の里・春夏秋冬」は、別府市街地からすこし離れた山里にある、知る人ぞ知る日帰り温泉施設です。都市の喧騒とは無縁の緑豊かな環境に佇む露天風呂で、別府の名湯にゆったり浸かることができます。

今回は、以前ご紹介した「テラス御堂原」から徒歩で向かいました。到着までは10分ほど。道にこのような看板が出ています。景色がとてもきれいなので、歩くのも楽しく、リフレッシュできます。

こちらが入り口です。緑豊かな山のなかなので、いかにも「秘湯」感があります。

奥に進むと、「夢幻の里・春夏秋冬」の建物が見えてきました。

なかに入ってみます。

施設内は静かで、落ち着いた雰囲気。受付で温泉プランを選びます。夢幻の里には3つの貸切温泉と、大浴場がひとつあります。今回は貸切温泉の「月の湯」にしてみました。

こちらの札を、入る温泉の扉に掛けて入浴します。

月の湯へ向かうまでの道すがら、自然豊かな山里の風景を楽しめます。もくもくと立ち上っている温泉の煙も風情たっぷりです。

こちらが月の湯の入り口です。となりに小屋があり、そのなかが脱衣場になっています。

ゆったり浸かってぽかぽかあたたまっていると、落ち着いた静寂のなかに小川のせせらぎが聞こえてきます。周囲に広がる紅葉の風景はとても美しく、こころ洗われるよう。まるで自然に湧き出た源泉にそのまま入っているかのような、贅沢な温泉タイムを過ごせました。

月の湯をたっぷり1時間楽しんだあとは、一番人気の貸切温泉「滝の湯」を特別に見学させてもらえました。

その名の通り、滝の湯には二本の滝があり、マイナスイオンを感じることができます。

広々とした空間です。

滝の湯の滝は、このように川となって敷地を流れています。川の水は透き通っていて、底まで見えるほど。5月頃には、ホタルを見ることもできるそうです。

「夢幻の里・春夏秋冬」のお湯の泉質は、単純硫黄泉。一般的に、筋肉痛、慢性皮膚病、痛風、高血糖、高血圧などに対する効能があるとされています。

帰り道はちょうど夕陽の時間。影の濃くなった野原と山並みの向こう、淡い色が溶け合う黄昏の空は澄んでいて、思わず声が漏れてしまうほどの美しさでした。

【夢幻の里・春夏秋冬 基本情報】
住所:大分県別府市堀田6組
営業時間:10:00-18:00(最終受付は17:00)
電話番号:0977-25-1126

【料金(平日60分、土日祝50分)】
貸切風呂 月の湯:2,800円
貸切風呂 蛍の湯:2,500円
貸切風呂 滝の湯:3,000円
大浴場:大人700円、子ども(3歳〜小学生)300円

※貸切風呂は定員4名

Comments are closed.

おすすめプラン

宿泊日 
泊数 
ご利用人数